忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/12/14 22:02 |
プリの思い出('-'*)
【注:本日の記事は、中の人のセンチメンタルな思い出です。
大航海テイストにはしてありますが、前のMMOのコトなので興味の無い方はスルーでよろん】


語る前に、ちとお詫び。

最近、色々とありましてブログ更新をサボっておりまする。
SSも溜まってますし、片付いたらちゃんと更新いたしまーす!
こんな辺境ブログですが、来てくださってる方々ゴメンなそ!m(_ _*)m








あれは3年ほど前のコトです。

天然だのボケだのうっかりだの言われている私ですが、実は商会長をやっておりました(´・ω・`)
ええ、それはもう…
会長がこうですから、支えてくれた商会員の苦労は並大抵のモノではなかったと思われますorz


サブキャラ全てを入れている会員も多かったので、人数はだいたい50~60人前後だったかな。
サブ省いた中の人は30人弱くらいなので、規模としては中くらいですな。

それだけの人間に面倒をかけつつ、愛のツッコミを受けつつ、途中で会長キャラ変えて商会作りなおしたりしつつも、リアル結婚が決まるまでの1年ちょっとを務めさせていただきました。


でも、大人数が集まってるワケですし、その1年間には当然ながら様々な騒動がありまして…


特に多かったのが、初期の商会にはありがちの方向性の違い & 意識のズレでした(ノ▽`;)

戦闘ゲームだったので海事で例えますが。
あるグループはチャットしながら楽しくプレイしたいし、少しくらい下手しても沈んだりしないよう敵のランクを落としてまったり海事がしたいと主張し。
とあるグループは、せっかく大勢で行けるんだからみんなで強くなろう、どんな敵とも戦えるようにして海事場所の幅を広げたりレアを狙おうと主張し。

これがね…どこまで話しても平行線なんよw

そりゃそうなのよね。
プレイスタイルって十人十色だから、誰が正解で誰が間違ってるワケでもないんだもの。
プレイ時間が少ない人が、少ない時間で楽しめる方法をとりたいと思うのは当然だし。Lvや腕にこだわらない人が、別に強くならなくてもいいと言うのも当然だし。ゲームの隅々まで楽しみたいと思う人が、強くなろうと主張するのも当然だし。せっかく皆で行くのに、ソロで行けるところばかりじゃつまらないと言うのも当然だし。

確かに、バルシャが一度に50隻とか出て、しかもひたすら増え続けるようなところに毎日まったり通ってたら、飽きる人は飽きるわなぁ…。
経験値も熟練も入らんし、スリルも無いワケだし。

で、試しに全員で上級狩場に行ってみたら…
主に、まったり主張をしてた人たちが下手しまくって全滅 (´・ω・)ノΩチ~ン

もうね、巻き添えで沈んだ人は商会チャでキレたり「ヤル気ないヤツはいらない!」Tellよこしたりするし、下手こいた人たちは言い訳から口論になったあげく、コッチも「こんなとこ来たくなかった!><」てなTellよこすしで、商会長おおわらわwwww

全員の意識が1つじゃないと大惨事が起こるってコトを、身に染みて実感した日でした('-';)


誰も間違ってはいないのよ。うん。
遊ぶためにINしてるんだもの、自分のやり方もあるだろうし、楽しいと思うコトだって皆違う。
でもさ、一丸となってなにかをする時は、やっぱり意識が統一されてないと、どっかで不協和音が起きるんだよね。
商会の目標がなんなのかはもちろんのコト、今回のイベントでの目的はなんなのか、どういう方向に進むのか、そのための自分の役割はなにか。
ちゃんと話し合って意思統一して、それからコトにあたらないと上手くいかない。
ズレたまま実行すると、どこかで誰かが苦しい思いをしていて、それを早目に言葉にして伝えられたらまた違うんだろうけど、背負う人は限界が来るまで無言で背負うコトが多いから亀裂になる。


そんな体験から、その後、私は商会方針を決めるべく、みんなの意見をすり合わせられないかと奔走したんだけど、真逆の意見をすり合わせるのは困難すぎて。。。

結局。
「商会長の私がコッチって言ったんだからコッチ行くんじゃー!!ヽ(`□´)ノ」
てな鶴の一声ならぬ、暴君宣言を出したのでしたwwww



あ、ちなみに。
選んだのは全員で上級修行場に行ける方針です。

低級修行場しか行けないからソコで遊ぶのと、上級でもどこでも行ける腕を身につけてるけど低級修行場でまったり遊ぶのとでは意味合いが激しく違うと思ったのと、腕が良ければどこの商会に行っても通用するし、自分の後に新人が入って来た時の指導にも活きると思ったからです。

もちろん脱退者も出たけれど、ついてきてくれる人もいて。
当初、みんなに陰で「あの人がいると辛いなぁ…」と言われていた人が、ダメ出しにもめげず、言い訳もせずに頑張った結果、半年経過後には遊撃艦として一目置かれるようになっていた、なんて事実も。
これには商会長、密かに嬉し泣きしてましたw



何が言いたいかと言うと、しつこいけど本人の意識なんよね(´・ω・`)

最初はついて来てくれても、内心「ほどほどでいいや…」とか思ってる人は、腕がどうこうとか言う前に上達が難しいからいつまでも注意されるハメになるし、逆に「ぜってー足引っ張りたくねぇ!見返してやる!」と燃えてる人は、成長が遅くたって開花するし。
下手こくたびにね…「どこが悪かった!?どうしたらいいかな?俺、こう思うんだけど会長どうだった?」てなTellが来て、戦闘中にそれやられると正直大変ではあったんだけど…
そういうTellって嬉しいものだったりもするのよね~w

そしてTellに追われて、戦闘エリア端でいつまでも止まってる会長の姿があったりの…orz


ま、私の場合は上級修行場を選んだからこういう思い出なんだけど、もしあの時、まったり海事の方を選んでいたら、同じ敵相手にどうやって楽しんだりふざけたりするかを皆で模索したんだろうなぁ('-'*)


こんな風に、方向性さえ合えば、集団ってどこまでも行けるものだと思うのね。
逆に、方向性がズレてると騒動ばかり起きて、でも誰かが間違ってるワケじゃないから、そのジレンマや苦労がトップや裏方に集中するもの。


誰かがイベント戦を始めるといえば声をかけなくてもほぼ全員が集まっていたり、艦隊で海事修行に出れば上級者が熱心に初心者育成をしてくれたり、積極的に連れ出しては商会に早く馴染めるようにもしてくれたり。
そんな商会になれるまでに3ヶ月くらいかかったけれど、そこから先は商会としての問題はあまり無かったように思う。

その間、商会長だった私は毎日Tellしまくりで。
INしたら即Tellが飛んできて。その間にも商会チャットで口論が始まれば両方の言い分を聞くためにまたTellして。時には両方を呼び出して納得いくまで議論させたり。
商会イベントの企画&実行もあったし、自分が遊ぶ時間よりも商会長としてアレコレしてる時間の方が遙かに多かった。

そんな苦労も、副会長たちがカバーしてくれたり、商会員からの「イベント実行お疲れさま!次回は会長も一緒に遊べるように手伝うからな!」って言葉で霧散してたけど。
大変ではあったけど、労いの言葉と手助けが、あんなに嬉しいモノだって実感しまくった日々でもありました。





と…
そんな昔の出来事を、最近、ちょくちょく思い出していたりします。

決して、年をとったとかじゃ~ないと思うのねん(ノ▽`;)


とりあえずアレだね!!
最後までこんな思い出に付き合っちゃった物好きに、付き合いついででちょっと偉ぶった一言をw


思ってるコトは隠さずにちゃんと伝えて、自分と違う意見でも尊重して理解し合って、そして、みんなで同じ方向を目指すコトが出来たなら怖いものなんて無くなるよ!(≧▽≦)b
PR

2007/10/02 15:20 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<旅立ち | HOME | ピエっち雇用決定!>>
忍者ブログ[PR]